ドッグフードの基礎知識

愛犬に合ったドッグフードを選ぼう!

食べないときのおすすめのあげ方

食べないときのおすすめのあげ方 ドッグフードは総合栄養食なので、犬の体に欠かせない栄養素がバランスよく配合されています。毎日食べているドッグフードを突然食べなくなることがあるので、困った経験のある飼い主さんが少なくありません。
食欲不振が長く続いている場合は、胃腸の病気や歯肉炎などに罹っている可能性があります。動物病院で診察を受けても特に体に異常がない場合は、わがままの可能性が高いです。
おやつやジャーキーなどを与えすぎると、偏食になってしまうので注意をしましょう。ドッグフードを食べない時は、お湯でふやかすと香りが良くなり食べることが多いです。毎日食べているドッグフードに飽きている場合は、市販のトッピングを掛けてあげるのも良いでしょう。市販のトッピングは豊富な種類があるので、飽きずに食べてくれるのでおすすめです。
犬は年齢を重ねてシニアになると、食べる量が減ってくるので工夫が必要です。栄養バランスが良く嗜好性の高いフードが増えているので、食べない時は変えてみることも大事です。

ドッグフードを食べないときのアレンジ方法

ドッグフードを食べないときのアレンジ方法 同じドッグフードを与え続けていると、愛犬が飽きて食べなくなってしまう事があります。ドッグフードを食べない理由は飽き以外にも原因があって、歯が痛い場合や体調が悪い場合などに食べなくなってしまう事が引き起こります。
引越しなどで環境が変化したときは、ストレスを抱えてしまうことがあり、そのような場合でも食欲が落ちる事があります。
愛犬がフードを食べるようにするには、アレンジをすると良いです。与えているフードに、犬用のミルクでふやかす方法がおすすめです。いつもと味が変わって食感もにおいも変わるので、良いです。
犬用のミルクがない場合は、ぬるま湯でふやかすことで代用する事ができます。ぬるま湯で柔らかくする事によって、フードのにおいを強めることができるので、おすすめです。蒸かしたさつまいもやかぼちゃなどを、いつものドッグフードにトッピングすると、甘みがでるので好んで食べるようになります。
ドッグフードは、様々なアレンジをして与えると良いです。

マジで飲み物(お酒含む)を早く飲んじゃう癖治したいんだけど、治したいと思う気持ち以上に“冷たい、あったかい物を美味しいと思えるうちに消費する”のがイヌ食事のモットーなので一生無理です

-->

copyright (C) 2021 ドッグフードの基礎知識. All Reserved.